« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月26日 (月)

年賀状

    ギター行が終りやっと年賀状が書けます。

    ただでさえ忙しい時期に年賀状を書かなければならないのは毎年心の重荷に
    なるのですが デザインが決まり宛名も印刷しちょっとした挨拶を手書きで
    書き始めると時間がたつのも忘れるくらい没頭します。

    昨今ネット上での挨拶もごくごく普通のこととなりましたが
    やはりはがきで出さなくてはいけない目上の方、
    しばらく会っていない友人 またはこのはがきだけで何年もつながっている友人には
    一筆添えてだしています。

    一人ひとりの顔を思い浮かべながら言葉を考えていきます。
    今ギターは弾いてる? 病気だった人は治ったかな?? 子供は結婚した?
        ご両親は??
     そういえばこの人とはこんなことがあっけ・・・・と思い出に浸るもよし・・

    それに
      久々にペンを持つこともいいこですね・・・
      パソコンでキーボードばかり打っていると字の書き方も忘れてしまいます。

     ペン字も練習したのに・・・字が下手になってしまった (汗!)

       今年のデザインはこれです!

2012_greetingax131_2

       セビリアギターフェスティバルのマスタークラスとパリの写真を取り込みました。

   とりあえず50枚書いた!! 投函してきます。

     書きながら流していた曲は
         ハイドンのチェロコンチェルト。今年は古典を聴くようにしてきました。

今年最後のギター行もおわり

まとめ日記になりますね。

   24日・・・・ 女性4人でクリスマスギター練習会
   25日・・・・ 篠原先生の<奏こう会>+忘年会
                 これで今年のギター行終了です!

 

        xmas24日のクリスマスイブ・・女性4人だけギター練習会をやりました。
        3時に集まって一人20分から30分それぞれが演奏をし
        6時からお食事タイム、ワインを飲みながらささやかなクリスマスパーティ。
        そこからまた部屋に戻りギター談議で盛り上がり
         ロボスのエチュード1番をいかに正確にそしてスピードアップが
         図れるかなど右手の動きを確認しあいました。
       その後はシャコンヌの演奏について実演つきで意見交換・・・
          気がついたら22時30をまわっているではないですか!
             あわや帰宅が午前様となるところでした
           それにしても・・・とにかく楽しく濃い<練習会>でした。
          こんな仲間 友人 先輩がいることに心から感謝です~

Img_4455

                クリスマスケーキ~~ 

2011年12月20日 (火)

シュトーレンと来年のカレンダー

Img_4450


Img_4451


    今年もシュトーレンとカレンダーが届きました。
    このプレゼントを心待ちにしている私です。

    このカレンダー日本の伝統工芸の、金箔を用いて装飾する箔押しという技術で印刷されている
    カレンダーです。hot stampingと呼ばれています。とても高度な印刷技術だそうです。  
    金箔を使ったあまりに美しいデザインなので一月終るごとに大事にとっておき楽譜の表紙につかって
    います。 これは11月のデザインです。金箔で秋の紅葉が描かれています。光沢 陰影 細部まで行き届いた絵にため息が出ます。 デカメロンの楽譜に使いました。Img_4452


ダウランドのファンタジー、ハンガリア幻想曲 曲によってデザインを選ぶのも楽しい
Img_4453 


2011年12月19日 (月)

第4回クリスマスコンサート@海音

17日土曜日・・・海音・・   http://www.kanon39.com/
   
   益田正洋先生を迎えての第4回クリスマスコンサートに行って来ました。
   
  コンサートの演奏 リョベート編:カタロニア民謡集より
              グラナドス:詩的ワルツ集
              ソル:魔笛の主題による変奏曲 Op.9
              レニャーニ:36のカプリスより 
              タンスマン: カヴァティーナ組曲   他  

Img_4440  
 
すばらしい演奏の後はパーティー 
  飲んで食べてそして先生弾いてくださいと<大リクエスト大会>

だんだんエスカレートして難曲リクエストになるも笑顔で弾いてしまう。
    ホセのソナタ  グランホタ・・・ブローウェルのソナタ・・・・ 
                             
       華麗なるテクニック 恐るべき記憶力!!
            いやはや・・参りました・・もう私たちが降参です

Img_4441_2


Img_4444


Img_4435_2


Img_4436

Img_4437

海音は広島風お好み焼きのお店ですが
  パーティーではママの美味しい手料理、旬のものや季節にふさわしいお料理 も食べれます。
    サトイモと大根と鶏肉の煮物・・美味しかった!


2011年12月16日 (金)

不室屋の<宝の麩>

  
  加賀麩 不室屋の<宝の麩>をいただきました。
  お湯を注ぐだけで彩り豊かなお吸い物ができます。

Img_4432

               親指の先でふやき皮の中央に穴をあけておわんにいれます。

Img_4433


          穴に向けて熱湯を注ぎます。中から細工麩や野菜が顔を出し出来上がり!
          おわんの中が楽しいし麩もとっても美味しいです。

           Img_4434

          赤だし 田舎味噌 おすまし 加賀味噌 ・・・季節の味・・・などいろいろあります。
          手土産や贈答品でつかっていましたがいただくのは初めてでうれしいです!
            
  
        不室屋HP :  不室屋


2011年12月15日 (木)

Ricardo Gallén の新録音

 以前からyoutube上の演奏を聴いて注目していたスペインのギタリスト、
リカルド・ガジェンですが Naxos に数枚の録音があるだけで残念に思っていました。
ところが先ごろバッハのリュート曲全曲を録音したそうです!!

Ricardo

WEB上にBWV1006aと998のプレリュードの録音風景がアップされていました。

the Bach recordings (2011)

ファブリカトーレ・モデルの19世紀ギターを使用していますが、
リュートっぽい響きでバロック音楽に合っていると思いました。
演奏はアーティキュレーションの見事さと響きの残し方にとてもセンスを感じます。
いまからCDリリースが楽しみです。

  BWV998 プレリュード  

ケーク・サレ 塩味のケーキ

ニューカレドニア島で看護師として働いているハビエンヌが来日して
娘宅にステイしていた時に作ってくれたケーキとクレープです。

(↓クリックで拡大します!)

Picture110511_204225_2

Picture110511_214421_2

 

 

ケーク・サレ(塩味のケーキ)・・・ Sophie Du domaineという 料理家のレシピです。

 

 基本の生地に好きな具を混ぜて焼くだけ。この日はハム オリーブ チーズ 一番基本の材料で作りました。いろいろな野菜も入れることができるのでアレンジが面白いそうです。軽食 ワインともよくあいます。

 

材料・・作り方

 たまご            3個
 小麦粉          150g

Picture110511_193411_3

 ベーキングパウダー    11g

 サラダ油(オリーブオイル)100cc

 牛乳(常温)       125cc
 グリュイエールチーズ(刻んだもの) 100g
 塩・コショウ        適量


上から順番に材料を混ぜるだけ。

(油と牛乳は少しずつ混ぜながら)
野菜やベーコン、ハム、チーズ、ハーブなどなんでもOK

ケーキ型に流して
180度のオーブンで45分~50分焼きます。

~~~~~~~~~~~~

ハビエンヌ

2011年12月13日 (火)

銀座たちばなのかりんとう

Picture121211_193850_2

かりんとう・・・・庶民のお菓子駄菓子のイメージですが・・・

銀座のたちばな・浅草の小桜・湯島の花月 が東京かりんとうの「御三家」だそうです。

『かんりんとう たちばな』のさえだをいただきました。
あっさりした甘さ つややかな飴 硬すぎずそれでいてさくっとした食感
とても上品な<かりんとう>です。
朱色の缶もすてきですから手土産にぴったりです。 

 ★wikipediaより
  関東では上流階級のお菓子 関西では駄菓子としてひろまったんですね。

たちばなのかりんとう・・HPもない老舗のかりんとう屋さんです。

所在地:東京都中央区銀座8-7-19(江安ビル1階)
TEL:03-3571-5661
営業時間:11:00~19:00(土曜日は~17:00)
定休日: 日曜・祭日
東京メトロ銀座線ほか銀座駅より徒歩約5分



2011年12月12日 (月)

クリスマスリース

 時間ができたので家の大掃除、このところすっかりサボっていたのでさすがに気持ち悪い。
クリスマスの飾りも出そうと朝から主婦稼業に専念の一日でした

 しかし・・・・ 掃除の途中で発見した裁縫道具のなかに子供が幼稚園の頃に
作ったクリスマスの小物の余り布を発見!! なつかしく手にしているうちに
「そうだ!!リースを作ろう!」と思い立ち着手。裁断し ミシンで縫い 綿を詰め込んで三つ網に編みこむ・・・・ 約2時間かかってこんなふうに出来上がり!! やったね!なかなかのできばえに満足~~  Img_4425_3

Img_4429_3

Img_4424_4

   Img_4431_3


  







Img_4427 部屋は片付いたけれど
 あれこれ寄り道ばかりしてはかどらず結局お掃除は途中放棄・・・
 夕方やっと掃除機をしまいました。

 

2011年12月11日 (日)

ゆず ゆずポン酢

Img_4409

ゆずをたくさんいただきました。 皮は千切りにして冷凍しておくと重宝です。

ゆずのポン酢を作りました。香りのいいポン酢のできああがり!!

  1.  お酢・・・・ 100CC
  2.  みりん・・  30CC
  3.  お醤油・・  30CC     ここにゆずの絞り汁をいれるだけ。
      

上野のミニコンとcafe Largoさん

Img_4410

12月10日(土)             上野の公園のイチョウ

13時~14時30までギター友達の<鉄道員>さん主催の上野ミニコンサートへ・・

第31回上野ギター・ミニコンサート 場所:東京文化会館4F 音楽資料室となりの鑑賞室

Img_4411_2

 

今回は<papa&花子DUO>おしゃれでとても楽しいコンサートでした。

1.アリアと白い花(ルネッサンスのリュートのための6つの小品より)
2.シチリアーナ(リュートのための古代の舞曲とアリアより)
3.クリスマス・キャロル(バリオス)
4.聖母の御子(カタルーニャ民謡)
5.アメージング・グレイス(スコットランド民謡)
~ 休憩 ~
Ⅱ部(デュオ)
1. 紫陽花(莉燦馮
2. 夕暮れの奇蹟を見たい(鬼怒無月)・・・「きどなつき」と読みます。良い曲です
3. Marley's Gohst (York)・・・・・・クラシックギターでレゲエに挑戦
4. 遠い音楽(吉良知彦)・・・・・・ zabadakの名曲、歌ってる気持ちで弾きます
5. Faire(York)・・・・・・・・・・この曲で爽やかな風をお届けできますように
~ 休憩 ~
6. Null Set(鬼怒無月)・・変拍子ですが仮タイトルは「可愛い曲」だったそうです
7. Linus&Lucy(Guaraldi/York)・ジャズでもお馴染みスヌーピーのテーマ
8. ウルトラメドレー・・・・・・・・・・・・・さあみなさん、ご一緒に!
9. Zaqu(長岡克己)・・・イタリア在住のギタリスト、長岡克己さんの名曲
<アンコール>
10.Hard Rain(押尾コータロー)

その後・・・16:00 Cafe Largoさんへ 10名の参加者で教室発表会でした。

マスターと2重奏 曲は・・・まだ公開せず!次回フリコンでリベンジ!!してからですね。 

Img_4415_3

Img_4419_5

ソロも弾かせていただきました。今年最後の<デカメロンⅡ、Ⅲ>

Ⅲの恋する乙女のバラーダはまだまだ怖さがあります。

パルスに不安があるから弾く前はいつも怖気づいてしまうのです。でも昨日はちがった!集中もしたし右手と左手のリンクがしっかりできて推進力のある演奏ができたと思う。リズム音痴、テクニックがない、曲がつかめない、何度放り出そうとおもったことか・・でもなぜかこの曲から離れることができずとりついた様に弾き続けてきた。苦節2年?  やっとやっと手の内、体にはいった感じがした。まだまだできていないことがたくさんあるけれど、なんというか・・達成感があってとってもうれしかった!

そうそう・・Ⅱ楽章の後半 エコーの部分を弾いている時 セビリアでレッスンを受けたエレナの声が聞えた・・・・・・・f p suddenly  効果的に弾かなくちゃね!

2011年12月 9日 (金)

英語講座2学期終了!打ち上げparty

今週はほんとに忙しい・・

12月6日火曜日

3年通っている某大学の英語講座の<2学期終了打ちあげparty>でギターを演奏してきました。クラッシクギターを聴くのは初めて!という人が多いのでプログラムは
ポピュラーや聴きやすいものを考えました。といっても私のレパトリーはクラッシクばかり
コードで適当に弾くような器用なこともできない・・・こういう時のためにポピュラーや映画音楽など少しはやっておけばよかったと後悔しきりでした。

場所は大学のそばのレストラン、参加者は30人ほど。こういう場で演奏するのはとっても苦手なのですが みなさんがすごく熱心に聴いてくださり、そのあたたかい雰囲気のおかげでトークもスムーズにいき
ギターの音色と和やかな時間を楽しんでもらえたみたいです~ ほっ!

                

Img_4386_6

    

Img_4392_2

    チェロ組曲1番プレリュード/禁じられた遊び/ノルウェーの森             

       スペインの古い音楽 エスパニョレッタ~カナリオス 他

     最後はみんなで「見上げてごらん夜の星」を歌ってお開きでした。

Img_4397

             

               ギターっていいな・・・楽しくて幸せな一日でした・・

 

 

2011年12月 8日 (木)

司会:千葉ソロギターサークル定期演奏会

 12月4日(日)
   千葉ソロギターサークル第3回定期演奏会に司会で参加してきました。

  会場は千葉市・幕張ベイタウンコア・音楽ホール(定員約200名)
   ★ 千葉ソロギターサークル初・中級者からプロまで24人が出演し、
     ギターの独奏や重奏の他、ライアー ピアノやフルート等との室内楽など
     多彩な演目をお届けする1年間の活動を締めくくる大イベント。

      

Img_4368_2

るんるん約4時間舞台袖で演奏を聴いたわけですが 皆さんのギターに向かう想い 積み重ねてこられた練習の重み 真摯に取り組まれている演奏にほんとに感動しました。
それにプロの演奏 アンサンブルと多彩なプログラムですから 飽きることなく楽しむことができました。

   

Img_4378

  

   カラオケ司会もなんとか無事に終えることができほっとしています。
       (マイク仕事は好きですし声がほめられるとうれしい今日この頃・・わーい(嬉しい顔)

るんるん 主な曲目は

 ギターソロ   : 禁じられた遊び、アルハンブラの思い出、シャコンヌ、
            ギターコンクール入賞者3人による
               ハンガリー幻想曲、詩的ワルツ集、セヴィリア幻想曲  他
 アンサンブル  : ライアーとボーカルとギター、フルートとギター ギター2G   他
 協奏曲      : アランフェス協奏曲 2楽章(ピアノ伴奏)

2011年12月 5日 (月)

Florian LAUROUSSEのCD

 Florian  LAROUSSE

 2009年、アメリカ・ギター財団による国際コンクールの覇者、フローリアン・ラルースの受賞記念アルバムCDを聴いています。東京国際ギターコンクールで聴いた彼の演奏に魅了されました。美しい音 優れたテクニック 小さな和声のアヤや転調のニュアンスの変化 これみよがしとは違う、すべてを音楽性で納得させる演奏でした。

このCD・・・すべていいのですが・・特にダウランドのファンシーの演奏は感動、ホセのソナタも美しく激しく心を揺さぶられます。

51o6qa2m5ql_sl500_aa300_

 

1. ダウランド(1563-1626):ファンシー
2. ダウランド:涙のパヴァアーヌ
3. ダウランド:ファンタジア
4. レゴンディ(1822-1872):序奏とカプリース
5. ホセ(1902-1936):ギター・ソナタ
6. ダンジェロ(1955-):2つのリディア調の歌
7. コスト(1806-1883):ル・デパル - 劇的幻想曲 Op.31

続きを読む "Florian LAUROUSSEのCD" »

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ