« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

コロッケ

寒い寒い・・・寒風吹きすさぶ日々が続いています。
雪国育ちの私は肌を突き刺すような関東の冬の<からっ風>は苦手です。

昨日は娘のリクエストの<コロッケ>を作りました。
子供たちが食べざかりの頃は50個~は作っていましたね。
揚げたてをほうばり、夕食には5.6個 翌日の朝 お弁当・・・よく作りよく食べたものです!
シンプルなコロッケですがとっても美味しいと友だちにも大好評です。

今日も30個は作ってしまった~(^-^;

Img_0085

 

Img_0088


Img_0086

 

      材料
       ・じゃが芋..
       ・玉ねぎ
       ・人参.
       ・合い挽き
      調味料
       ・コショウ..
       ・塩
       ・バター  粉チーズ
       ・小麦粉.......1

 

      衣
       ・小麦粉、卵1コ、水1カップ、パン粉 

2012年1月27日 (金)

きんちゃくのふくめ煮

    おでんに入っている<きんちゃく>はおなじみですが
    ちょっと気取ったきんちゃくの煮物

Img_0082

Img_0084

  材料

    1. 寿司揚 かんぴょう

    2. ぎんなん れんこん はんぺん だいこん
      かぼちゃ ちくわぶ 生麩

    3. 飾り用生麩 絹さや/                                                                                 

     作り方  1 の寿司揚は熱湯で油抜きをしておく
           2 の具をそれぞれ薄味で煮て 油揚げのなかに詰める。
           かんぴょうで口をしばり<きんちゃく>にする。
           鰹のだし 酒 みりん 砂糖 醤油 で煮含める。

      油揚げ1枚のなかにいろいろな食材が入っているので<中>を開けた時が
      ちょっとうれしい一品です。生麩のもちもち感やはんぺんのふわふわ感など
      食感も楽しめます。

          

     

2012年1月20日 (金)

Prelude from Bach's Cello suite 1 BWV1007

  わたしのレパートリー Prelude from Bach's Cello suite 1 BWV1007  

 Irina Kulikova の演奏です。  

 クラッシクの音楽には必ず楽譜がある・・・でも楽譜通りに弾いても誰もが同じ演奏になるわけではない・・・

あたりまえなのですがこの演奏を聴いてつくづく思いました。

演奏の技術、知識、勉強の仕方、その人の人間性・・演奏ってそういったものが見事に表れるものだと思います。

 女性らしい品のよさ、ニュアンス、細やかな色合いが素敵な演奏です。

Prelude from Bach's Cello suite 1 - Irina Kulikova (classical guitar)


2012年1月17日 (火)

リュート組曲4番 BWV1006a・・・その1

           snow 寒中御見舞申し上げまsnow

   はやいな・・・あっという間に1月も中旬に入ってしまいました。
   お正月が終わったらなんだか気抜けしてしまってエンジンがかからずにいました。

  でも・・・ギターだけは練習していました。
   note 今年の目標 <リュート組曲4番BWV1006a>
         まず5月のコンサートで演奏するプレリュード ルーレ ジグはよく練習しています。
    特にプレリュードは昨年何度か挫折しそうになった曲です。
    今までに弾いたどの曲より難しい・・・譜読 フレージングを勉強し指が決まるまでに数カ月・・
    というより譜読に入るまでに曲の重さにはね返され取り掛かることすら出来なかったのです。
    なんだかんだ1年半はかかったかな・・
    
    note 新曲にとりかかりある程度弾けるようになるまで時間がかかる・・・
      ホップ ステップがながいのです。でも、ジャンプ!!の領域に入ると面白いように
      練習の成果が出てきます。その間に蓄積していたものが開花する感じかな(^-^;
      今はまさにその時期なのです。

     noteこの曲・・・今でなければ弾けない! その思いで取り組んでいます。
     タイミングがある
      昔からの夢だったんですよね。きつくて くじけそうになって手放そうとしたけれど
      やり続けてきていよかった~ 
 
      夢は必ずかなう!! なんて口幅ったいのですが
        あきらめないでよかった~今はときめきを感じながら練習しています。

      人前で演奏もしてみました。

なんとか最後まで弾ききれます。音名で覚えているから間違えても立ち直れるまでになっていました。 これからは丁寧に練習して弾き込んでいこう!!

       私が一番参考にしている演奏 John williams


2012年1月 4日 (水)

浅草寺初詣と歌舞伎平成中村座へ

 3日は浅草寺へ初詣 
 両親 私と妹・・・4人水入らずの初詣は今までになかったことです。
  妹と雷門前で待ち合わせしたもののあまりの人出で浅草寺本堂の参拝はあきらめ
  浅草神社をめざしましたがここも長蛇の列。
  本堂の脇からお参りをさせていただきました。お賽銭はちゃんといれたので
  願いは届いたかな??

Img_0030

 

Img_0041_2

Img_0048_2

平成中村座に行く途中からみた建設中の東京スカイツリー
眺望スポットとして浅草寺とその周辺を訪れる人が増えたらしい。

       歌舞伎役者の中村勘三郎、中村橋之助 中村七之助が出演
     東京・浅草の芝居小屋「平成中村座」で「初春大歌舞伎」をスタートさせました。
       演目の<於染久松色読販>・・・七之助の七変化が見所です。     

                                                                                                                                                            
油屋娘お染/丁稚久松/許嫁お光/後家貞昌
                奥女中竹川/芸者小糸/土手のお六                
七之助
女猿廻しお作梅 枝
船頭長吉萬太郎
鬼門の喜兵衛橋之助

Img_0051

 江戸時代の芝居小屋である中村座 の雰囲気を模した劇場はこじんまりとしていて前列は畳の上に座椅子というしつらえ。役者の目の動き 顔の表情一つ一つが見えるこの席はおすすめです。役者の声も、拍子木も、鳴り物も、常磐津もすべてがこの空間のなかで一つになる。やはり歌舞伎はこういう<小屋>の大きさがぴったりなのでしょう。 幕間でお弁当を食べるというのも庶民の娯楽感があって楽しみの一つです。

  今年は元気に舞台に立った勘三郎、復帰できてほんとによかったです。

  そして七之助の女形のうつくしいこと!! 町娘からお六という<悪婆> 若衆まで七役を見事に演じてみせました。ほっそりとした容姿、鼻が高くキリッとした顔立・・・魅力的です。玉三郎に負けない美しい女形ですね。

 平成中村座 http://www.nakamuraza.com/

Img_0053

Img_0057_2

2012年1月 3日 (火)

フィリップの裏芸

 なんておちゃめなフィリップ!

20120103

Philippe Jaroussky & Le concert d'Astree,Emmanuelle Haïm

 昨年12月、パリでのコンサートからヘンリー・パーセル、
ジェイムズⅡ世の誕生日のためのオード
「トランペットを吹き鳴らせ、太鼓を打て(Sound the trumpet, beat the drum)」Z.335(1687)
3分すぎくらいからヒップホップ風な即興演奏が始まりますが、フィリップがはじけてます!!
 フィリップは、ラルペジャータとのモンテヴェルディでも
プログレッシブ風の即興(5分10秒あたりから)でおちゃめさんなところを見せてくれています。

2012年1月 2日 (月)

一幸庵 はなびらもち


  一幸庵 : 東京都文京区小石川5-3-15

   わらび餅で有名なお店ですが季節ごとのお菓子もおすすめです。
   手土産にいただいた<花びら餅>
     淡雪がふわっととけるような食感はいままで食べたことがありません。
     繊細で上品な甘さ 白味噌の餡に牛蒡が入っています。

    濃いお煎茶に花びら餅・・・よく合います。
Img_4485_4


Img_4479_2


あけましておめでとうございます

Img_0018

   あけましておめでとうございます~
      おだやかなよき年でありますように!!


    昨年末から私の両親(父88歳 母82歳)が来宅しお正月をいっしょにすごしています。
    元気でなによりですしなんといっても頭がしっかりしている・・子孝行?な父と母です。
    
    今年のおせちは<京懐石>の三段重・・近所の京懐石料理店のおせちです。
    あとは新潟の郷土料理の のっぺ汁 かきあいなます(胡桃と胡麻の酢の物) 氷頭なます 
    栗きんとん 定番デザート-牛乳羹 をつくりました。
       
     娘夫婦 妹一家6人 親戚・・・ 31日からお客様の接待に追われるのがお正月だけれど
     人が集まりにぎやかに過ごせるって幸せだなあ・・・とつくづく思います。
     

Img_4469


Img_4471


Img_4487


Img_4478

Img_4531


   お土産にいただいた<花びらもち> 1月のお菓子です
    淡雪のような食感と上品な甘さの白味噌とごぼう  濃いお煎茶とよくあいます。
     和菓子の季節感、繊細なお菓子でした。


Img_4479

Img_4485_3

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ