« Prelude from Bach's Cello suite 1 BWV1007 | トップページ | コロッケ »

2012年1月27日 (金)

きんちゃくのふくめ煮

    おでんに入っている<きんちゃく>はおなじみですが
    ちょっと気取ったきんちゃくの煮物

Img_0082

Img_0084

  材料

    1. 寿司揚 かんぴょう

    2. ぎんなん れんこん はんぺん だいこん
      かぼちゃ ちくわぶ 生麩

    3. 飾り用生麩 絹さや/                                                                                 

     作り方  1 の寿司揚は熱湯で油抜きをしておく
           2 の具をそれぞれ薄味で煮て 油揚げのなかに詰める。
           かんぴょうで口をしばり<きんちゃく>にする。
           鰹のだし 酒 みりん 砂糖 醤油 で煮含める。

      油揚げ1枚のなかにいろいろな食材が入っているので<中>を開けた時が
      ちょっとうれしい一品です。生麩のもちもち感やはんぺんのふわふわ感など
      食感も楽しめます。

          

     

« Prelude from Bach's Cello suite 1 BWV1007 | トップページ | コロッケ »

クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562582/53839543

この記事へのトラックバック一覧です: きんちゃくのふくめ煮:

« Prelude from Bach's Cello suite 1 BWV1007 | トップページ | コロッケ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ