« ランチ@三井ガーデンホテル銀座 | トップページ | リュート組曲4番 BWV1006a・・・その2 »

2012年2月12日 (日)

1.Schubert Impromptu Op. 90 No. 3

  
  ギターはもちろん古楽から現代にいたるまであらゆる音楽に造詣の深い友人がいます。
   
   その友人から多くのことを学ばせてもらっています。ありがたい人です。

   その人から紹介された本<西洋音楽論・・・クラッシクに狂気を聴け>のある話題から
   今ショパンやシューベルトの演奏を聴いています。
 
   
   
   Zimerman plays Schubert!
          

    Vladimir Samoilovich Horowitz 

          

       「集中力」と「緊張感」 甘く美しい旋律 なんと色彩豊かな演奏でしょう・・

« ランチ@三井ガーデンホテル銀座 | トップページ | リュート組曲4番 BWV1006a・・・その2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ZimermanとHorowitzの2人の演奏はそれぞれ素晴らしいものでした
はっきり言って僕の耳ではその表現の違いがほとんど解らないほど高度の演奏ですね
ギターにも超一流ともなるとこうなるんでしょうか
音楽もここまで来ると異次元の世界にはいりますね
個人的にはZimermanの演奏のほうが好みかも知れません
シューベルトにも素晴らしい曲が有るんですね・・・ギター用に編曲されても良いのではと思いますが・・・でもそんな簡単なものでもないですよね
素敵な曲を紹介して頂いてありがとうございます
LAMYさんが求めている音楽が見えてきそうです


   >パコさん
     こんばんは~ 寒いですね。
     こういう演奏を聴けるって幸せですね
     ホロビッツの演奏は感動で涙が
     出そうです。
     

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562582/53962606

この記事へのトラックバック一覧です: 1.Schubert Impromptu Op. 90 No. 3:

« ランチ@三井ガーデンホテル銀座 | トップページ | リュート組曲4番 BWV1006a・・・その2 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ