« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

お惣菜 おから

        お惣菜・・・ 家庭料理(おふくろの味)は日常的に作っています。
          ひじき 大こん菜 切干大根 切り昆布の炊いたの きんぴらごぼう あらめの煮物 などなど
     
         安いし手軽で栄養もあり一品あるだけで食卓が楽しくなる・・・
          スーパー デパ地下で出来合いのものが売られていますが高い!!
          やっぱり手作りで量もたっぷり作り心おきなく食べたいです。
             
      今日はおからをつくりました。 おからは絶滅危惧惣菜らしいですね・・・こんなに美味しいのに・・・・
      味付けに塩麹もつかってみました。いい味がでているみたい~
      
       Img_0147_2 <材料>
         生おから            
         人参
         ごぼう
         長ネギ
         油揚げ
         干し椎茸
         桜えび
         水
         砂糖
         醤油   塩麹

                                                                                                                                                                                                         

                                                            
 ☆ ためしてガッテンより http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20090624.html
日本伝統の超優秀健康食品「おから」。
また、コレステロールの低下をはじめ、動脈硬化や大腸がん予防にも期待大。ダイエット効果を上げてくれる働きまでわかってきました。ところが、現在では年間65万トンものおからが産業廃棄物として捨てられています。

          ・・・・・・・・・・・・  もったいない・・・                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

2012年3月27日 (火)

Philippe Jaroussky 古楽に癒される

 なんとなく気分が落ち込んだ時とか
疲れた時とか・・・
そんな時聴きたくなる曲は<古楽>です。
やっぱりこの世界が一番好き~

Philippe Jaroussky

2012年3月26日 (月)

読んだ本 : 親鸞

   

   Photo_5  Photo_6

五木寛之の「親鸞(上・下)」を読みきりました。
天地明察のあと長編小説を続けて読みたくなり手にしました。
夜寝ながら本を読むのが楽しみですが 睡眠不足になることも多くそこが辛いところです。
親鸞というからには宗教的 精神的な内容を想像していましたが意外やドラマチックなストーリー、目を見張るような展開 登場人物の個性に冒頭から引き込まれてしまいました。
上下巻とも一気読み・・・睡眠不足は仕方ありませんね・・・・

   
法然上人 親鸞
  「善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」

    日本史で習った仏教の知識しか持ち合わせていない。
    私の実家は・・浄土真宗「真宗大谷派」の檀家ですから子供の頃から
    お寺で親鸞聖人のおはなしを聞いていたはずですが・・何を聞いていたのやら・・・・
    なんとなく仏教徒で生きてきている自分を突きつけられました。 お恥ずかしい限りです。 
    この本をきっかけにあれこれ調べて勉強中です。
     
     自分の国 日本史 仏教・・・ もっと読みたい 知りたい気持ちでいっぱいです。

        http://shin-ran.jp/top.html
    
  


早く暖かくな~れ!!

   なかなか暖かくならないですね。
     春らしい服を着たくても寒すぎます。冬のセーター コートが手放せません。
  
     午前中自転車であちこち走り回ってきましたがダウンジャケットにマフラー 足元はブーツ
     と冬の装いです。
   
     天気予報は
      「平年より2・3度低く 日本海側は雪。今週ははじめのうちは冬の寒さの続く所が多いですが、
       週の終わりにかけては気温が上向いて、春の陽気の所が多くなってきそうな一週間です」

        湿度も20%代になるとのこと。今この部屋の湿度は30%。
        楽器の乾燥に注意しないといけないです。

                     ウオーキングをしている公園の桜
Dsc_0052_2

                     毎年一番先に咲く桜もまだつぼみ
200643sakuraup

                     スマホで撮ったらピンボケ 早咲きの沖田桜
Dsc_0055
         
Sakura1203251

 さて・・・ 今日は弾きこもり。  練習練習!!

2012年3月20日 (火)

たことじゃがいものレモン風味サラダ

    持ち寄りパーティの一品で作りました。
    とっても簡単であっという間にできます。
      ちょっとお洒落でボリュームもある、ワインにぴったりのサラダです。

      Dsc_0050_3
材 料
            タコ          2本 
            じゃがいも      2個
            セロリ         1本
            にんにく        1片  
            イタリアンパセリ   2束
            レモン         1/2個
            オリーブオイル    適量
            塩            適量
            胡椒          適量

   

    


    作り方    1.  じゃがいもを塩ゆでにする
        
            2.  たこはぶつ切り セロリは2ミリくらいの厚さに切る

            3.  にんにく イタリアンパセリはみじん切りにする

            4.  ボールに 1~3の材料を混ぜ合わせ レモン 塩 胡椒 オリーブオイルで
               味を整える。
               
       ★ ポイント ・・・ じゃがいもを塩ゆでにすること
                  茹で上げたら水気を飛ばし熱いうちに混ぜ合わせる

2012年3月19日 (月)

ヨハネス・メラー Johannes Moeller (1981-)

 ナクソスの桂冠演奏家シリーズは、若くて才能にあふれた新進ギタリストの宝庫ですが、
2010年GFAコンクール一位、ヨハネス・メラーの優勝記念CDはその中でも必聴盤です。

Photo

 デビュー・アルバムでもトレモロ奏法の作品二曲を弾いているようにトレモロが得意なようですが、このCDでもトレモロで奏されるバリオスとレゴンディ、二曲の精緻なフレージングと叙情的表現の美しさに魅了されました。

01. Augustin Barrios Mangore - Un Sueno en la Floresta
02. Karel Arnoldus Craeyvanger (1817-1868) - Introduction and Variations on the theme of Der Freischutz, Op. 3
03. Heitor Villa-Lobos (1887-1959) - Estudio No.7
04. Heitor Villa-Lobos - Estudio No.9
05. Heitor Villa-Lobos - Guitar Concerto: II. Cadenza
06. Heitor Villa-Lobos - Estudio No.12
07. Denis Gougeon (b 1951 ) - Lamento - Scherzo
08. Giulio Regondi (1822-1872) - Reverie Nocturne Op.19
09. Leo Brouwer - Sonata - I Fandangos y Boleros
10. Leo Brouwer - Sonata - II Sarabanda de Scriabin
11. Leo Brouwer - Sonata - III La Toccata de Pasquini
12. Johannes Moeller (b 1981 ) - Poem to a Distant Fire

 また、ロマンティックな曲の表現も素晴らしいのですが、ブローウェルのソナタ第三楽章における
火花のような切れ味も見事!!

レオ・ブローウェル - Leo Brouwer (1939-) ギター・ソナタ Guitar Sonata

2012年3月16日 (金)

サパテアード

Regino Sainz de la Maza の Zapateado


バッハを集中的に練習しているのですがなんだか疲れてきています。
で・・気分転換に弾いているのがこの曲!!
以前ちょっと弾いたことはあるのですが未完成のまま放置していました。
好きな曲なのにどうして放置してしまったのか???不思議・・・

Zapateado はスペイン南部、アンダルシア地方の舞踏曲。
スペイン語の動詞 Zapatear (靴を踏み鳴らす)から派生した名詞で、
つま先とかかとを踏み鳴らす八分の六拍子の踊り。
ちなみに靴は Zapato です(靴は2つで一足なので Zapatos と複数形で呼ばれます)。

明るくて軽快でとっても楽しいです。これはレパートリにしよう!!

代官山小川軒 レーズンウィッチ

Img_0090
 
          小川軒は、明治創業の老舗レストランですが、レーズンウィッチが有名。
                  代官山、新橋、目黒、御茶ノ水にレストランや洋菓子店があります。
         上記のお店は、初代小川軒の店主の息子さんたちが暖簾分けで
         受け継いだお店とのこと。

           私は「代官山小川軒」のレーズンウィッチが好き。レーズンウィッチは
         ここに限る!! ラム酒に浸け込まれたレーズンとクリーム、さくさくとした
         クッキー生地が絶妙なハーモニーを奏でますcafe

          代官山の小川軒はオンラインショップがありません。
         お店に行くかデパートに出店されている時に出会えるか・・・・・
                  
          私は新宿高島屋のデパ地下で買っていますね。
         多めの2箱買い!!一箱は冷凍しておきます。
         大人のおやつにぴったりです。

        お値段 : 10個入 : 1,050円(税込)

 

2012年3月12日 (月)

リュート組曲4番 BWV1006a・・・その5 BWV998

    昨年の12月15日の記事にも書いたのですが・・・・
     
     スペインのギタリスト、リカルド・ガジェンのBWV1006aと998のプレリュード のレコーディング風景です。
     
                 ファブリカトーレ・モデルの19世紀ギターを使用していますが、
                 リュートっぽい響きでバロック音楽に合っていると思いました。
             演奏はアーティキュレーションの見事さと響きの残し方にとてもセンスを感じます。
            

                           the Bach recordings (2011)

                

the Bach recordings (2011) from Wandering Eye on Vimeo.

                   Norbert Kraftが音楽プロデュースをやっていますね。
                   
               Naxosのギター部門はすべて Norbert Kraftがプロデュースしているとのことです。

 

2012年3月11日 (日)

ギターアンサンブル-リベルタ3rd コンサート

    10日はつくば学園都市で活動でしている<アンサンブルリベルタ3rdコンサート>でした。
         リベルタとはもう10年来のお付き合いをさせていただいています。
          ギターはもちろんメンバーの皆さんとのふれあい 人間関係が楽しくて隔週水曜日
          常磐道往復130キロを走ってレッスンに通っていますcardash 
 sign04昨日のコンサートのプログラムsign04
Img_0180_8
Img_0179_3

 note リハーサル風景
Img_0166_3

                     小編成 クレシェンドのリハ
Img_0153_2
                     小編成 KAHONのリハ
Img_0155_4 
                     小編成 モンキーカルテットのリハ
Img_0159
                     第1部 本番
20120310_012_2


                     コンサート大成功!! 記念撮影
Img_0173_5

                         コンサートの最後の曲は〈上を向いて歩こう) 

                      このコンサートのために佐藤弘和先生に編曲をお願いしました。
                  スイングをしながら手拍子がはいるなどおしゃれなエッセンスが満載!!
                  会場のお客様に歌っていただき演奏者と聴衆が一体となった空間がつくれ、
                  また3.11の災害への思いも共有できた感動的なパフォーマンスとなりました。
            
                       〈上を向いてを歌っていて涙がこぼれた) (感動した)
                                     というコメントをたくさんいただきましたsweat02   
           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                    Img_0174_3
                打ち上げのお料理・・・なんと美しいかご盛り!笑顔笑顔で盛り上がりましたよ


2012年3月 9日 (金)

山の上ホテル:天丼!

            「遅ればせながらママの誕生日のお祝いでランチをしましょう」と娘からのお誘い~
                  ちょうど食べたかった〈山の上ホテルの天丼)をおねだり。
                天ぷらではなく〈天丼)が食べたい!そんな時ってありますよね~

Dsc_0044

                      揚げたての活海老 魚 かき揚げ 野菜の天ぷら
                         甘辛いタレが絶妙にからまったごはん・・・ 
                      ご飯は魚沼産のコシヒカリ しじみの赤だしのお味も美味

                      最後のひとつぶまで完食させていただきましたsign01
                        お値段はたしかに高いけど・・・この満足感、幸せ感はたまりません~          
      
      山の上ホテル http://www.yamanoue-hotel.co.jp/index.html
              御茶ノ水駅から5分ほど、駿河台神田の坂を登ったところにあるホテル。
              緑の木立とレトロな洋館 歴史あるホテルです。
              多くの作家や文化人に親しまれているホテルと言われていますね。
              こじんまりとしていてとても落ち着く場所です。
              ドアマン ベルボーイ・・すべての接客がよくとても感じがよく親しみがあります。
              特に・・ 駐車場の誘導の際の手際の良さと美しい?!動作にはいつも感動しますgood

リュート組曲4番 BWV1006a・・・その4

    ひたすら練習を重ねている日々です。
   
  ルーレ :  ルーレは6/4拍子のゆったりした曲
          8分音符の扱い方 リズム 装飾、トリル、模倣の動き
          レガートでありながら 軽くリズムをはっきり弾く・・・
          勉強することが多く私にとってとても弾きにくい曲でした。
          ようやく曲が手のうちに入りプレリュードのあと心を鎮める大事な曲になってきています。
 
  ジーグ :  フレーズ 応答 スタッカート スケール・・そして速度
          流れるような演奏が理想ですが右手左手のシンクロがしっかりしていないと 
          音はかすれ醜い演奏になります。正確に頭に叩きこまないとごちゃごちゃに
          なってしまいますね。
          低音の動きを明確に出したいものです。
          こういう速い曲こそ超低速練習が必要!!成果は?・・・出ているはずsweat01notes

         ヴァイオリンの演奏もよく聴いています。

 

                        Isabelle Faust -            

51r6syb7oyl_sl500_aa300__3

        
      エレガントで優雅な演奏で大好きなヴァイオリニストです。このような演奏を目指したいです~

    Partita No. 3 in E, BWV 1006 - II. Loure

          

    Partita No. 3 in E, BWV 1006 - VI. Gigue

          

<5px 5px;" />

2012年3月 5日 (月)

ウエスチンホテルランチ

 氷雨の降る寒い一日でした。
   今日は姪っ子の大学合格のお祝い会で恵比寿のウエスティンホテルーランチブッフェに
   行ってきました。前菜からデザートまで50種類以上もの豊富なお料理を楽しめます。
   ランチにしてはお値段は高めなのですが・・・ほぼ満席の状態にはびっくり・・
   女性のグループ 家族連れ ビジネスマン 客層もひろかったですね~~

Photo


Dsc_0037


Dsc_0032季節のいいころテラスでお茶ができたらいいな!


Dsc_0033 デザート・・まだまだたくさんの種類のケーキ、ゼリーがありました~もちろんすべていただきましたよ!! 満足!!

2012年3月 2日 (金)

2重奏!Largo & Rondo/ Carulli

Lamy and Donbuku
Largo nad Rondo by Ferdinando Carulli

 川越の蔵里での演奏です。まだ練習中なのであちこちミスがありますが・・・dash

               

  Donbukuさんからの一言!!~~~
     >1stを担当したDonbuku(小林丈記)です。
昨年末、カリスの忘年会でlamyさんとご一緒し、いつか二重奏やろうか、という話に・・。
合わせ易いカルリかビバルディから私が学生時代弾いたことのあるラルゴとロンドに決まりました。
35年振りに弾くカルリ・・。
   今年1月にある練習会で初めて合わせたら、ピッタリ!そしていきなり本番。
   2/11つくし野プチで、練習なしのいきなり本番。
   2/25川越プチ、ほとんど練習なしのいきなり本番・・、これがこの映像です。
   プチでの本番が私達にとって練習のようなもの。
   youtube投稿は、相方のlamyさんに見ていただき、今後の参考にしていただくためです。
 でも、練習不足でミスは多い二重奏ですが、楽しかったので、みなさんに見ていただこうと公開しました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2012年3月 1日 (木)

天地明察

 2月25日の新聞に<数学力低下 浮き彫り>という記事が一面に掲載されていました。
 論理を正確に解釈する能力や整理された形で記述する力が不足している。
 
 以前から指摘されていたけれどゆとり教育 入試制度 AOや推薦入学の影響が大きい・・
 数学は科学技術を支える基盤で日本にとっては命綱とも言える学科です。
 これからの日本が心配です。

  ちょうどこの新聞記事が出た頃読み終えた本

   天地明察  著者 : 冲方 丁 
51w0pvfa3l_bo2204203200_pisitbstick

    江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。
    ミッションは「日本独自の暦」を作ること―。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる
    奮闘・挫折・喜び、そして恋!早くも読書界沸騰!俊英にして鬼才がおくる新潮流歴史ロマン。

     天文学や数学には全く疎いわたしですが 主人公<渋川春海>の改暦にかける情熱
    当時の世相 人間模様などが生き生きとかかれてあり夢中になって読みました。
   
    囲碁の世界、江戸時代の初期の日本の暦のこと(八百年余むかしに伝来した暦を
        使用していたらしい)、朝廷と暦の関係など、また保科正之とのエピソードも興味深いです。

    そしてなにより江戸時代<算術><算学>が盛んでそういった塾があちこちにあり
    塾生どうし問題を出しあい研鑽し競い合っていたというのです。
    和算のレベルの高さに驚かされました。日本の数学史に一線を画いた
    〈関孝和)も登場し話を盛り上げます。
    
    日本人ってすごいな~先人の成した偉業に思いを馳せるとともに
    もっともっと私たちは勉強しなくては!!と思いました。
 
     

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ