« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月26日 (月)

25日~友人のコンサート

Photo

25日(日)東京建物八重洲ホールにて
友人の長谷川さん主催のコンサートがありました。
「アランフェス協奏曲」と
長谷川雅子さんご自身が編曲されたギター作品を聴いていただく
お披露目コンサートです。

Img_0773
二重奏 モーツアルト作曲 ピアノソナタ K.331より 主題と変奏

            シューマン作曲 子どもの情景より 五つの小品   

Img_0776_2
三重奏 ドビッシー作曲 「小組曲より」
メヌエット バレー

Img_0791_2

Img_0793_2

ピアノとの「アランフェス協奏曲」 二楽章 三楽章

思い切ってコンサートを企画し多彩なプログラムすべてを演奏し
コンサートを成功させた長谷川さん おめでとうございました。
そして二重奏 三重奏の2ndパートを弾いた岩渕さん
すばらしいパートナーぶりに拍手!ほんとにお疲れさまでした。
そして裏方を支えてくれた岡野さん(とこたんさん)・・
あたたかいサポート・お人柄にホロっ!

中島晴美先生 江間先生となんとも贅沢な顔ぶれ(写真がなくて残念!)そろい
お客様のあたたかい応援を感じる心あたたまるコンサートでした。

友人の頑張る姿を見ること聴くことができるって幸せです・・
たくさんの「気」をいただきましたよ。
あしたからまたギター行がんばらなくては!!

2012年11月24日 (土)

お料理教室@宇都宮!

早稲田の英語の友人の友人がやっているお料理教室の話題がもりあがり
ついに英語仲間4人で<宇都宮>までお料理を習いに行ってきました。

小林光子クッキングサロン

<今日の献立>
地場産カリフラワーのサラダ
切り身魚のアクアパッツア, 
ミネストローネ、
コーヒークリームのプデング

ミネストローネにはおろしチーズとジェノベーゼソースを添えます。
小さなピエモンテのお菓子と紅茶つき

Dsc_0169
下準備が整いました。手際よく=下準備!

Dsc_0172_3

コトコト煮込むにはルクルーゼのお鍋はおすすめ

Dsc_0180
楽しみな試食タイム
先生手作りの受のベーゼソースの美味しいこと!
ミネストローネの味が変わります。

Dsc_0176
切り身魚のアクアパッツア風・・これはすぐ作ってみたい!

お料理を習うのは久しぶり
丁寧で納得いく解説 そして先生の海外での食との出会いのお話など
ほんとに興味深く聞かせていただき
小林先生のお人柄にもふれられた実り多い一日でした。

2012年11月21日 (水)

ミシェル・カミロ&トマティートのライブ

昨晩はミシェル・カミロ&トマティートのライブへ行ってきました。
場所は表参道から8分 南青山にある
BLUE NOTE
ピアノのすべてを知り尽くした天才と、フラメンコ・ギター界を牽引する鬼才

                 MICHEL CAMILO & TOMATITO

                  ミシェル・カミロ&トマティート
 

こういうライブは初めてでしたがパワフルなピアノと超絶技巧のギター
美味しいカクテルなぞ飲みながら聴くジャズ ラテン音楽
お店の雰囲気もよく食事も美味しい~おしゃれでいい感じ~

これは6年前にスペイン南部のアルメリアで撮った写真。
アルメリア国際ギターフェスティバルのコンサートを聴きに来ていた
トマティートにツーショットをお願いしたもの。
With_tomatito
この時はギター製作家のロマニリョスさんも
来ていてこちらも写真を一緒に撮ってもらいました。

With_romanillos

 

2012年11月19日 (月)

アグアド 序奏とロンド

バッハに疲れてきたので新しい曲弾きたい曲を探しています。
弾きたい曲の第一候補!!

アグアドの「序奏とロンド Op.2-3」

弾きたい曲と弾ける曲がピタッと一致すればいいのですが これがむずかしい・・・・

ブリームの演奏
演奏も然ることながら表情がおもしろい (^^ゞ

ブリームの演奏する古典は大好きです。
スル・ポンティチェロ、スル・タストによる対比の
付け方も最近ではやる人が少ないような気が
しますが、ピタリとはまっていますね。

2012年11月16日 (金)

野菜たっぷりローストチキン

クリスマスの集まりにぴったりの一品
野菜たっぷりのローストチキンを作ってみました。

味の決めては<前日からしっかり揉み込んだチキンの下味>
180度のオーブンで1時間じっくり焼き上げると
皮はパリパリ中はジューシー、
野菜はホクホクに仕上がりました。
(今日はちょっと焦がしてしまった(^^ゞ)

余分な調味料は使わないので素材の美味しさが楽しめます。
いただくときにバルサミコ酢をかけるといいです。
ほんのりとした甘さとコクが美味しさの引き立て役になります。

Img_0743_5

<材 料 3~4人分>

・骨付きもも肉 2本
        (ちょっと高いけど地鶏のいいお肉がおすすめ)

・ミディアムトマト 小玉ねぎ パプリカ
 生椎茸 しめじ れんこん にんにく

・タイム(生) 塩コショウ オリーブオイル



ポイント  
・ 塩コショウをすり込みジッパー付きの袋に生タイム、にんにく、オリーブオイルを入れ
 よく揉み込み一晩寝かせる。野菜は大きめたっぷり多めに。特にしいたけは縮むので
 まるごとがいい。

2012年11月12日 (月)

再会!シューベルト 涙の賛美


ようやく落ち着いてギターの練習に取りかかれるようになりました。
新曲に取り組みたい気持ちにかられています。
SevillaでZoranが弾いたリョーベートのカタロニア民謡を弾いてみたくなって
さらってみましたが・・・むずかしい・・
こう弾きたいというイメージとあまりに乖離していてとても弾き続けられない・・

Zoranの演奏の思い出までこわしてしまいそうなので諦めました。
大事に温めておいて数年後に弾けたらいいな・・

で・・・あれこれ弾いているうちに
シューベルト作曲 メルツ編の<涙の賛美>がでてきました。
2,3年前に弾いていたものの
なにかしっくりこなくて御蔵入りになってしまった曲です。
その曲が・・
今の私にピッタとフィット・・再会が嬉しい・・という感じです。
来月の某練習会にはバッハのプレリュードと涙の賛美で参加したいな!

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ