« 心なごむひととき・・ | トップページ | ポール・オデットのバッハ »

2013年1月13日 (日)

ジュディカエル・ペロワのBWV998

 BWV998のプレリュードの練習をはじめました。
10年ほど前に弾いていたのですが、それ以後ぷっつりと弾くことをやめていた曲です。
あらためて楽譜を読むといったい何を弾いていたのだろう・・
と恥ずかしくなってしまいます。
何も考えず、ただただ音符を追っていただけの演奏でした。

この曲中で最も美しい箇所のアナリーゼ楽譜がネットに落ちていました。
Bwv988pfaexerpt_3

 

二声と思っていたのが三声に…
見える風景が違ってきます。
こういうことがようやくおもしろいと思えるようになってきました。
 
そして、ジュディカエル・ペロワの演奏

プレリュードの響きの美しさ・・・このような演奏を目指したいです。

« 心なごむひととき・・ | トップページ | ポール・オデットのバッハ »

BWV998」カテゴリの記事

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562582/56527329

この記事へのトラックバック一覧です: ジュディカエル・ペロワのBWV998:

« 心なごむひととき・・ | トップページ | ポール・オデットのバッハ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ