« 強風 煙霧 黄砂 花粉・・春だけど・・ | トップページ | 播磨坂の桜と一幸庵のわらび餅 »

2013年3月16日 (土)

ロマンサ グランドソナタOp.39

2ヶ月ご無沙汰だった
カフェラルゴのフリーコンサートで弾いてきました。
今日はステージで演奏していて楽しかった!
こんな感覚ってなかなか味わえないのですが
今日は よかった・・・きもちよかった!

 カフェラルゴ

P1140021_2
1. ロマンサ (グランドソナタOp.39より)  パガニーニ
2. 涙の讃美           シューベルト/メルツ編
3. プレリュード(BWV998)              バッハ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
グランドソナタの第二楽章ロマンサ
およそこの手の音楽は苦手で絶対に手を出さなかった
演歌調で歌いまわしが嫌い・・
しかし

パガニーニのグランドソナタを弾いてみたい!
となるとこの2楽章ロマンサを外すわけにはいかない
ということで仕方なく、いやいや練習開始
ところがです。
弾き始めたら・・・あれ?なにか新鮮でおもしろい~

1006aのプレリュードにかなり疲れていたこともあったのでしょう
この演歌調のメロディーに癒されているではありませんか!!
どうかすると<私流>の節回しで品がなくなるくらいコネコネ歌いすぎる危険性ありですが
なんだかいいんですよね

この曲と<涙の賛美>は私にとって新境地の曲です。

AnaVidovicの演奏

« 強風 煙霧 黄砂 花粉・・春だけど・・ | トップページ | 播磨坂の桜と一幸庵のわらび餅 »

ギター」カテゴリの記事

コメント

(*´v゚*)ゞ
昨日は、お疲れ様でした。

曲の入れ換えというのは春らしくて気持ちがいいですね。
パガニーニの選曲はちょっとびっくりしました。
レ・ミゼラブルを見たり、デユマを読んだ影響かも知れませんよ....
パガニーニ 1782-1840 (パリデビューは1831年の出来ごとです。)
デユマ  1802-1870 (パリに上京したのは17歳。1819年。)
ユーゴー  1802-1885 (今上演しているノートルダム・ド・パリは1831年の作品。29歳。)
文豪の若き頃に、パガニーニはパリでデビューした事になります。
貴族は滅び、やがて市民の時代へ、
市民が自由な生き方を手にしようとして、
その理想どおりにはけしてならず、たくさんの矛盾も湧き出て来た時代ですね。

大事に弾いていて、いい演奏でした。

私はと言えば、
3月は、仕事の繁忙期!
出演を取りやめようかと思っていたぐらいでした。
案の定。
いと高きをひたすら求める曲のエネルギーについて行けない。
あわててはいけない。
勉強し直して、4月に再チャレンジです(x.x)。

>N.Kさん コメントありがとうございます!今までず~っと古典もロマン派も避けていたのですからパガニーニを弾きたくなるなんて私自身も驚きです(^^ゞ 確かに・・デュマを読み
今はユーゴーのレ・ミゼラブルを読み出しているのと関係があるかも!!
プレリュード
>いと高きをひたすら求める曲のエネルギー
~~これすごくよくわかります!もう限界・・・と気弱になっていたのですがN.Kさんの演奏を聴いているうちに5月のコンサートまでがんばろう!という気力がわいてきました。4月楽しみにしていますね。

lamyさん今日は

先日の海音は楽しかったです・・・お誘い頂き感謝してます
さて、lamyさんの挑戦に触発されこのパガニーニのグランドソナタに私も10年振り以上を経て久し振りに挑戦してみました。
勿論第一楽章のグランドソタナには歯が立たない部分も多々有りましたが第2楽章の演歌調のROMANZESと第3楽章のANDANTINO VARIATOはそこそこ弾けました
4月のクラスタで弾いてみたいと思います・・・なんせ4ヵ月近く全く弾いてなかったので指がしんどいですっす
lamyさんのこの曲の演奏楽しみにしてますよ・・・こんど聴かせて下さいね

>パコさん
コメントありがとうございます。
パガニーニ・・・特にロマンサは今まで弾いたことがない雰囲気の曲ですがはまってしまいました。なかなかおもしろい!! わたしも3楽章からやってみて その先1楽章まで弾けたらいいな~ と思っています。 
またどこかでご一緒しましょう!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562582/56969466

この記事へのトラックバック一覧です: ロマンサ グランドソナタOp.39:

« 強風 煙霧 黄砂 花粉・・春だけど・・ | トップページ | 播磨坂の桜と一幸庵のわらび餅 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ