« 夏野菜の揚げびたし | トップページ | グロンドーナのリョベート作品集 »

2013年7月23日 (火)

藤井眞吾先生マスタークラス レポート

7月21日(日)に東京のアウラ音楽院で開催された
「藤井眞吾 マスタークラス&ミニコンサート」
幸運にも藤井先生のマスタークラスを受講させていただきました。
益田先生からこんな機会をいただけて感謝の気持ちでいっぱいです!!

 受講生など詳細はこちらへ 
    ギタリスト藤井眞吾のweb site http://shingofujii.com/news/2013/Aura.html
Img_1704001_3

受講曲 : プレリュード BWV998 (J.S.バッハ)

受講生の皆さんはこれからのギター界を担うような若手ばかり
聴講生も若い男子が多くいつもとまったく違った空気です。
聴講も人気で満席、狭い部屋は熱気に溢れ
目と鼻の先に聴講生がいるというシビアな環境!
でも益田先生の優しい声かけ

 藤井先生のやわらい語り口と笑顔にまずは気持ちもほぐれ 
落ち着いてレッスンを受けることが
できました。

★音色 弦 爪のこと 右手のコントロール
  バッシというノイズ 爪が直接弦にあたってしまうときでる不快な音が気になる!
 との指摘

・  基本に立ち返り見直そう!
   1. 爪の長さと形 2. 手の位置と指の角度 3. 指が弦にかける圧力 
   4.指先と爪がどのように弦に接するか

 ・ 高音弦も張り替えましょう・・・ 
   お恥ずかしなが高音弦が傷んでいてざらついた音がでていました。
   まるで弦で爪を磨いていたように1弦がざらざらでした・・・ 
 
★左手の独立 拡張 角度
   各指を順番に動かす・・・
     あまりに当たり前のことだが それができないんです・・・
     拡張 指の独立の練習についてのアドヴァイス

★バッハのプレリュードについて
  とってもきれいな演奏 美しい演奏 と言っていただけた。
 

 ・フレーズの中でひとつの形 シェープを作る
         →フレーズの中で「ポンっと放物線」を作るような感じをもつ

 ・最初のモチーフがどんどん変化し散りばめられていく、隠れたモチーフもある。
  
モチーフをどう聴かせるかをもっと考えてみるといい。

 音色のつくり方など聴講でも大変参考になることが多っかた。とても書ききれませんのでぜひこちらへ・・

ギタリスト藤井眞吾のwebsite GuitarStudy http://shingofujii.com/guitarstudy/index.html

~~~~~~~~~~~~~~
マスタークラス終了後は藤井先生と益田先生による2人のミニコンサートで
締めくくられました。
   コンサートはここでみれます →  
http://www.ustream.tv/recorded/36144681

 
ほんとに実りの多いマスタークラスでした。打ち上げも盛り上がり帰宅は午前様・・

ギター弾き続けていてよかったな~~ 幸せです~~

« 夏野菜の揚げびたし | トップページ | グロンドーナのリョベート作品集 »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562582/57842144

この記事へのトラックバック一覧です: 藤井眞吾先生マスタークラス レポート:

« 夏野菜の揚げびたし | トップページ | グロンドーナのリョベート作品集 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ