« 幸せな週末 司会とコンサート | トップページ | 発表会で・・・・ »

2013年11月28日 (木)

スペインのフォリアによる変奏曲Op.45

いろいろ諸事情があり
予定をキャンセル、変更を余儀なくされること多し・・・
今日は5時までゆっくりすごせるので練習三昧を決め込んでいましたが
なんとなく気持が散漫・・・
こういう時は
間違いの上塗り練習に陥りやすいので練習を切り上げてしまいました。

1日は江間門下生の発表会です。

演奏曲は
・スペインのフォリアによる変奏曲Op.45 / ジュリアーニ
・リュート組曲4番BWV1006aよりプレリュード / バッハ

スペインのフォリアは譜面づらは簡単そうにみえますが
ギターテクニックがすべて詰め込まれているような曲
なんとなく・それなりに弾ける状態にはすぐなりますが
それぞれのヴァリエーションの個性をおもしろく演奏するには
かなりのテクニックが必要です。

ヴァリエーションⅡ・・・・・・・・・・・スラー
  ヴェリアーションⅣ・ ・オクターブとフレーズ
ヴァリエーションⅥ・・・・・・・・・・・・・  
                符点と休符を意識しはっきり演奏する

典型的な変奏曲で
練習したいと思っているテクニックを含んでいる曲
そして難易度が低めなので練習の成果が見えやすい点がよかった。
楽しんで学べます。

« 幸せな週末 司会とコンサート | トップページ | 発表会で・・・・ »

ギター」カテゴリの記事

コメント

sun寒くなりました....
ということで、遅れること幾日??!!...私も風邪をひきました。回復にむかいつつあるものの、不調です。

スペインのフォリア...スコットが書いた、Pumping Nylonの運指が
普通とはちょっと違っていて面白いですよ,,
特に右手...一見すると不思議ですが、プランティングすることを考えると、
なるほどと思えます。

解説も参考になります。英語を嫌がらずに読んでみると、
例えば、オクターブのバリエーションは、
3弦Aの左手第二指などは、指を置きっぱなしにしとけ...
みたない事が書かれていて参考になります。

...既に承知かも知れませんね。
まだなら、一度ごらんあれ....

この曲....
クレッシェンドやアクセントなど強弱表現にかかわる楽譜の間違いも多くて、
スコットはそこもちゃんと修正しています。

それにしても
Youtube....ネックが高いですね。
このぐらいは普通なのかな?

とりとめのないコメントですが、12月1日...頑張ってくださいね!

バッハ、再び....ですね。
ちなみに私も、今月のサロン・コンサート、...バッハを再び....の予定です。

N.Kさん

なぜこの曲を引き出しから出してきたか!!
Pumping Nylonの中、上級編に収められていて付録のCDを聴いたことが
きっかけだったんです。
スコット・テナントの演奏は「目からうろこ」でした。テクニック不足で弾けなかったくせに
曲がつまらない・・なんて言って投げ出した10数年前の自分がはずかしいですね (^O^;)

曲解説 楽譜の見直しもPumping Nylonのお世話になりました~~
ほんとにいい教材です!
(でも・・・英語ではなく日本語ですbook

バッハ・・・お互い・・再び・・・ですね。 こわいですね~~
流れに乗って演奏してみたいです~

風邪お大事に!

あららー、同じでしたねcoldsweats01
日本語版は基礎編だけだとばかり思ってました...。

スコットの場合、
たぶん、お腹でギターを共鳴させているんだと思いますflair
Pumping Nylonじゃなくて、
Pumping Ironの方で、本当に鍛えていたりして......happy01

Iron! ・・・;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ dash

明日はスコット・テナントの演奏めざしてがんばりますnote

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562582/58659242

この記事へのトラックバック一覧です: スペインのフォリアによる変奏曲Op.45:

« 幸せな週末 司会とコンサート | トップページ | 発表会で・・・・ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ