« 秋の献立~くびれづくり(^_^;) | トップページ | マムライスコンサート@千葉市稲毛海岸 »

2014年10月19日 (日)

<第5回:名旋律ベスト1はアランフェス!>

佐藤弘和先生のソルフェージュ講座
<第5回:名旋律ベスト1はアランフェス!>

Img_4106_2

Img_4111

復習!
音楽の三要素は「メロディー・ハーモニー・リズム」ですね。
さて・・メロディーとは??なんぞや?
お経は?わらべうたは?グレゴリオ聖歌、ラップは? 

今日の講座はここからスタート!

わかっているつもりでもそれを言葉にー
特に習った言葉を使って説明するって

まだまだ難しい(^_^;)・

そして今日のキーワードは「難しく考えすぎず”みたまんま”」

メロディ3ポイント : モチーフ・フレーズ・音程(抑揚)
メロディの3タイプ : 歌謡的 器楽的 混在型 ~

マリア・ルイサ アデリータ フリア・フロリダの楽譜を使い
メロディーの特徴も考えてみました(考えすぎずまいたまんまで!)~ 


Img_4112001



この後いよいよアランフェス2楽章へ!
楽譜をみると複雑そう・
しかし魅力的なメロディの基本ラインはいたって単純!

アランフェスのメロディには「メリスマ」という
こぶしのような技法が使われているのだそうです・・・


メリスマ!!メリスマ!・・調べなくちゃ!

★シンプルでありながら複雑 モチーフで人の心をつかむ。
メロディクで器楽的=だからこそ名旋律ベスト1はアランフェス!

う~n ちょっとこれでは説得力ないけど・・
まずはこんな感じでした(^_^;)


クリップ来月は11月30日(日)
第 6 回:禁じられた遊び、アルハンブラは何ゆえ名曲か?》 です(^^)

« 秋の献立~くびれづくり(^_^;) | トップページ | マムライスコンサート@千葉市稲毛海岸 »

ギター」カテゴリの記事

コメント

note
メリスマ...って言葉...あまり聞かないかも知れませんね。
中世・ルネッサンス音楽にかかわる本を読んでいると、
メリスマは、トロープスと共に、
その後の音楽の発展に、
とても重要な意味があるので、よく出てきますよhappy01.

といっても、
Lamyさんは、メリスマがたっぷり出てくる音楽を、アランフェスよりずっと親しみを持って、
既にたくさん聴いていると思いますよ...。
例えば、ジョスカン・デ・プレのミサ曲heart01
キリエだったら、キリエのエだけやたらに長々と節回しが付いて、
装飾というには長すぎるぐらいエだけが延々と歌われたりするではありません。
あれが本来の意味のメリスマです。

(音楽史からすると、ジョスカンは新しすぎるので、
メリスマの例としては不適当かも知れません。
...例えば、グッドールの本、「音楽の進化史」93ページには、
メリスマとジョスカンのことがちょっとだけ説明されています。)

中世、ルネッサンスの音楽を聴くと、
もうそこは、メリスマ・ワールドです。
メリスマが音楽史の中で、どう変容してゆくかは、

「アナリーゼで解き明かす 新名曲が語る音楽史 田村和紀夫著」

という本を読んでみると、なかなか面白いですよ。(持ってるかも...)

note

>N.Kさん
さすが!!でした~私はアランフェスとまったく結びつかずただぼ~~!情けなし(;_;)
何を読んでいるのでしょうね~~
今ジョスカン聴いていますよ(^O^;) ただいまパレストリーナ~久しぶりに聴きまくりです(^^)
新名曲が語る音楽史~読んでいません。紹介ありがとうございます!
とまれ・・音楽の進化史をいったりきたりしながら読んで楽しんでいますので
まだ先になりますね。
反省しつつ・・・グレゴリア・チャント流し中(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562582/60511943

この記事へのトラックバック一覧です: <第5回:名旋律ベスト1はアランフェス!> :

« 秋の献立~くびれづくり(^_^;) | トップページ | マムライスコンサート@千葉市稲毛海岸 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ