« 第6回黄瀬川コンサート@三島(静岡県) | トップページ | ベトナムツアー 第一日目 2015.10.01 »

2015年9月27日 (日)

中秋の名月

2015年9月27日 中秋の名月

Img_6157

文京区小石川の和菓子の名店
一幸庵のお菓子がいただける<和のcafe>

 店名 Cafe竹早72

中秋の名月に因んで拵えた今日の和菓子

うさぎとお抹茶といただきました。

Kimg0293

 

Kimg0295

Kimg0291
妹はおぜんざい

Img_4389

客席10席ほど
竹早の住宅地のなかにある和モダン落ち着いた店内です。。

Img_4390
店名について伺ったら二十四節気の話をされました。

和菓子はお菓子そのものに季節感がある。
日本の美しい四季が和菓子の文化になっっているんですね。

で、よくわからなかったので調べてみました。


1年を春夏秋冬の4つの
季節に分け、
それぞれをさらに6つに分けた24の期間を表すものとして使われることがある。
この場合、二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた、七十二候という分類があり、
各気各候に応じた自然の特徴が記述された。
日本では暦注など生活暦において使われている。

大災害が多くなっている今日このごろ・・・
美しい日本の四季が失われることがないように・・・・

お月さまをみながら手を合わせたくなりました。


« 第6回黄瀬川コンサート@三島(静岡県) | トップページ | ベトナムツアー 第一日目 2015.10.01 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

gawk
「しちじゅうにこう」と読むのですね。
調べてみて勉強になりました。

二十四節気にも全部名前があり、72にも名前がついています。
日本は日本で、中国とは異なる名前をつけているんですね。
今は、秋分、水始涸(みずはじめてかかかる...と読むらしい)
日本の名称は、渋川春海によるものらしいですね。
この感性はすごい。単なる数学好きでも天文おたくでもない。

アイザック・ニュートンと渋川は、時代としては同じですが、やっぱり日本と西洋の違いですね。
同じ天体を見ていながら、感性が違う。

自然が移ろうものという感覚を強くもったら、自然は一つの力で支配されているという発想は生まれてこないでしょうね。
変化をとらえるというのは、むしろ現代的です。
...こういうこと、もうちょっと学校の授業の中にあってもいいですね。

N.Kさん
コメントありがとうございました。
日本の美しい四季とそれを感じ取る日本人の美意識、日本人として誇れる文化ですね。
和菓子がこんなにも奥の深いものとは・・・とても興味深くあちこち資料を読んでみました。
一幸庵さんに感謝です~またcafeに行き<季節の和菓子>について聞くのが楽しみです。

渋川春海の生涯をえがいた「天地明察・冲方 丁著)はたいへん面白く読みました。
江戸時代の数学(和算) 囲碁 和暦 暦とは・・・ニュートンのことは知っていても
日本人の偉業は何も知らず・・・恥ずかしいですね。
日本をもっと知りたいし大切にしたいな~と思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562582/62366308

この記事へのトラックバック一覧です: 中秋の名月:

« 第6回黄瀬川コンサート@三島(静岡県) | トップページ | ベトナムツアー 第一日目 2015.10.01 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ