« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

19世紀オリジナルギターによるDUOコンサート

19世紀ギターオリジナルギターによるDUOコンサート

945549_926153690802572_8222974734_2

本郷のカデンツアで聴いてきました。
19世紀ギター、古楽器の第一人者の長谷川郁夫先生と富川勝智先生のDUO
お二人が使う楽器の弦はガット弦・・・

うm~こだわりのコンサートです。

Img_71291_2

Img_7132_2

曲間では19世紀の音楽、時代背景などを解説、
長谷川先生と富川先生の やわらかい語り口、
200年ちかく生き抜いてきた楽器
楽器に寄り添うことで得られる楽器の声
ガット弦の透明で豊かな響きが
なんとも心地よいものでした。

Img_7134001_2

Img_71401_2

 

終演後は19世紀ギター弾きさんも集まりしばし楽器談義、弦談義
富川先生のテルツギターを触らせていただきました。

わすれていたガットの感触!!
「爪を切ってこっちの世界へ~~」という声によろめきそうです(^^ゞ

2016年2月22日 (月)

セルソ・マシャドギター文化館コンサート

セルソ・マシャドギターリサイタル:ギター文化館

日本ツアー最後の公演、茨城ギター文化館にも行ってきました!

Img_7122

ラテン音楽、サンバもボサノバもまったく興味なかった私が
セルソさんの音楽の虜になってしまった・・・・(^^ゞ
そう今ツアー「スウィングホール、豊洲、文化館」と結局3回聴いたんです!!
3回とも即興演奏の面白さ、何が出てくるかワクワクのステージに感動~
こんなに音楽が楽しくて心が解放されたことは今までになかったと思います。

Img_7110

Img_7109_2

文化館でもやってくれましたよ!
文化館に展示されている
摩訶不思議なブラジルの楽器を発見したマシャドさん。
早速手にするや
「コンサートで使いたい!!」といきなりの申し出。
さてはてどうなることかと思いきや
本番では不思議な音色が彼の歌とともによみがえりました。
まさに即興の魔術師!!

軽快なサンバのリズム  なんとも心地よい歌声、
超絶技巧のギター演奏にパーカッション~
そうかと思うとアマゾンの森に住む動物に変身し笑いを誘い~
ある場面では聴衆を巻き込んで演奏する~~etc

見事なエンターテイメントが繰り広げられ
聴衆総立ち拍手喝采 のスタンディングオベーションでアンコールへ~
  
総立ちなんて文化館始まって以来のことだったそうです!!
Img_7114

 

Img_7125

打ち上げは柏の焼き鳥屋さんにて~
日本、日本人をとっても好きになったと話すマシャドさん。
うれしいですね~

本日夕刻帰国されるそうです・・・・  

祭りの後の寂しいような心持になってしまいそう~


2016年2月16日 (火)

イーストエンドギターフェスティバル 最終日

イーストエンドギターフェスティバル

12715328_1030118663716238_138481717

夢のような4日間でした。

まずは主催者の樋浦先生、伴子さん、
スタッフの皆さま本当にありがとうございました。

  そして今回招聘された世界的なギタリスト、
セルソ・マシャド、 マルコ・メロー二、パブロ・マルケス3氏による
コンサート、マスタークラスはほんとに素晴らしかった・・・
そして3人の巨匠のお人柄のあたたかさにも触れることもできました。

日本に居ながらにしてこのような至福の時を過ごさせていただいたことに
心から感謝です。


個人的には・・・4日間よくがんばりました(^^♪
コンクール マスタークラス 3夜連続コンサート 
ワークショップ、ファイナルコンサート参加
すべてのスケジュールをこなしました!!

45歳以上特別賞を狙ったコンクール参戦、賞は逃しましたが
若者たちと同じステージで演奏できたことは得難い経験でした。
場違いかと気おくれしたけれど楽しかったですよ~

フェスティバルを通じて得たことを演奏につなげていきたい~~
もっともっと勉強したい!!

いい演奏ができるようになりたいと強く思います。

セルソ・マシャドワークショップ
Img_7070

簡単なコード進行でサンバのリズムなどを体験
リズムにのって体が自然に動いてくるのですが
未知との遭遇・・リズム感のなさ、対応力のなさに我ながら苦笑・・・
それでもパーカッション、マシャドさんののりのりのリードで

雰囲気だけはしっかり楽しみました。
(終わったあとはクタクタでしたけどね・・・・(^^ゞ)

12688190_804971906301774_17112498_2

ファイナルコンサート

Lamyでダウランドを演奏
コンクール、ファイナルコンサートを聴いてくださった先生方、参加者の方から
モダンのOber  19世紀ギターのLamyとも音色の美しさを褒められました。
ほんとうにうれしいです~~
自分らしい演奏、良さを磨いていきたいと思います。

Img_7079
フルーティスト柴草幹夫氏と樋浦先生
Img_7091
マシャド氏とメローニ氏
バロックギターとパーカッション・・・カナリオスetc

Img_7096
最後はゲスト3人のアンサンブル。。。なんとそこにI君が!
マシャド氏の即興演奏も入る夢のようなステージ!

Img_7098_2

終演後は打ち上げ!!
樋浦先生~お疲れさまでした!!

Kimg0852_3

パブロ・マルケスとギター製作家今井勇一先生
今井先生からもLamyの音色を褒められました。

Kimg0859_2

Kimg0857

マスタークラスについては復習してからアップしたいと思います(^^♪

2016年2月12日 (金)

イーストエンドギターフェスティバル 第一日

イーストエンドギターフェスティバル第一日目

コンクール予選に参戦しました。

Kimg0820

若手のためのコンクールですが
昨年より45歳以上の特別賞という賞がでることになりその賞を狙って果敢にも参戦!!

会場にいくと若手のすご腕が勢ぞろい
コンクール優勝者 入賞者たちが居並びます (;´・ω・)

参戦者33名 さてはて45才以上は何人でしょう・・・8人かな~~

「ちょっと場違いなところにきてしまったねえ}と
人生では百戦錬磨の中高年もさすがに及び腰になってしまいました。
「まあ=ステージを楽しみましょう」 とお互い励ましあいながら順番抽選へ~~~~

なんと・・・・私は 2番!!

抽選終了9:30過ぎ 予選開始 10:00!!! ですよ~

あ~~~なんというくじ運のわるさ

指慣らしの時間もほとんどないまま
コンクールのステージにあがることになってしまいました。

演奏曲 リュートレッスンNo.7  ファンタジー J.ダウランド

Img_7029

Img_7032

あがる間もなかったことは悪くなし

シビックホールの響きも素晴らしくほんとに心地よくファンタジーを
演奏することができました。

コンクールだということを忘れました。
それだけ曲に入り込めた演奏ができた・・・
今までで一番いい演奏だったんぢゃないかな~~
それだけで満足です。

Img_7041

本選出場者の発表 演奏順のくじ引き中

45歳以上特別賞の発表も13日の本選コンクールの結果発表まで
お預けとのこと。

さてはて誰が受賞するか???

楽しみです(^^♪

2016年2月 2日 (火)

1月30日 セルソ・マシャドさんのコンサート

12565628_1003826506351966_513666735

30日
イーストエンドギターフェスティバルに招聘されている
ブラジル人演奏家 セルソ・マシャドさんのコンサート
(ちょっとご縁があり付き添いをしました。)

マシャド氏プロフィールはこちら ↓
http://eastendguitar.jp/celsoprofile.html

12650878_1003826373018646_585026370
リハーサル

12651235_1003826459685304_501530670
↑ さまざまなパーカッション 

熱帯雨林の音楽、特に顔や身体を使った演奏は"ギターの魔術師"
どんなものでも音楽にしてしまう
素晴らしい音楽表現力と即興技術に感動

もうなんと表現していいかわかりませんが・・

セルソ・マシャドさんとブラジル、
アマゾンのジャングルに行ってきました‼
アフリカも行きました❗
リオのカ―ニバルでサンバもみてきました❗
人の体って楽器??
ギターってこんなことまでできるの‼ 
パ―カッション使いに目を奪われる‼

マシャドさんから繰り出されれる強烈なリズムで
体の芯が熱くなるくらいエキサイティングなステージでした。

12661892_1004018889666061_385749492

終演後はステージに集まった人たちと気さくに会話しサインや記念撮影に応じ
あたたかい交流をされていました。

12661892_1004018912999392_801454385

これはもう聴くしかない、
見るしかない‼イ―ストエンドギターフェスティバル
2月11日(木)のコンサート、14(日)ワ―クショップ参加超超おすすめです。

12644998_1004018946332722_8585230_2

すでに来日しているマルコ・メロ―ニさんと合流、
鰻丼で打ち上げ、フランス語イタリア語
英語、日本語、
マシャドさんの手打ちパ―カッションがはいるともう頭はクラクラ😵💫 

無事任務完了もでき心地よい疲れの中帰宅しました。

こんな世界的な演奏家と一日ごいっしょできほんとうに幸せでした。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ