« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月27日 (日)

リベルタ5thコンサート@つくばノバ(小)ホール

リベルタ5thコンサート@つくばノバ(小)ホール

つくば学園都市で活動しているギターアンサンブル「リベルタ」
第5回目の自主コンサートでした。

Img_7353001_2
15人による全体合奏、4~5人の小編成 

そして私も加わって
ヴィヴァルディのリュート協奏曲ニ長調RV.93を演奏しました。

Img_7330

Img_7329001

Img_7339

Img_7344001

リベルタとはかれこれ15年のおつきあいになります。

私にとってギターだけではなく心のよりどころになっている
大事な大事なリベルタ・・メンバーの皆さんです。

こうして一緒にステージにあがり演奏できたことは本当に幸せ!!

演奏のレベルも格段に上がり
お客様からたくさんのおほめの言葉を頂戴しました。

みんなで心を一つにしたコンサートは大成功でした~~


2016年3月21日 (月)

ギターショップカリスインストアライブ <橋爪晋平♪ソロアルバム「from here....」リリース記念コンサート♪>

ギターショップカリスインストアライブ
<橋爪晋平♪ソロアルバム「from here....」リリース記念コンサート♪>

12644640_959099080793261_5029583534

Img_7292

ベトナムでごいっしょさせていただきその時の演奏が忘れられずにいました。
室内楽奏者としての活動が多く
なかなかソロを聴く機会がなかったので今日は期待大!

カリスは満席!
先生のファンでしょうか?女性のお客様が多かったような(^^♪

Img_7294

ドメニコーニ、マルティンなど近現代の作曲家に
タレガ、ロドリーゴ、レニアーニ、バリオス、タレガを演奏。
強靭なテクニック、クリアで切れ味よく、そして甘さと味のある音色~
音楽の魅力にあふれた聴きごたえあるコンサートでした。
ギター音楽ファンにはたまらないプログラムでしたね。

またまたファンになってしまいました(^^ゞ
もっとソロ活動してくださ~い!!

Img_7296

Img_7300_2

今ソロアルバムを聴いています。

ほんとにいい演奏~

さっきからついつい聴きほれてタイピングの手が止まってしまいます!!
収録された作品がどれも魅力的です!!
おすすめのCD!!ですよ(^^♪

<カリスプログラム>

スペイン風3つの小品(ロドリーゴ)
アナトリア民謡による変奏曲(ドメニコーニ)
フリア・フロリダ(バリオス)
アルハンブラの想い出(タレガ)   他

2016年3月14日 (月)

2015年ソルフェージュ講座<第7回:やっぱりシャコンヌ!!>

2015年ソルフェージュ講座終了!

<第7回:やっぱりシャコンヌ!!>

Img_7233_2

Img_7224

バッハが好きで何曲か弾いてはいるものの
シャコンヌは敷居が高すぎて 手がだせず。
昨年の講座終了後佐藤先生に「いつやる?今でしょ!」と
背中を押されたもののその後はやっぱり聴くだけ~

そして今日~~人類遺産とも言える奇跡的な名曲を総合的にアナリーゼ!

Img_7226


今回配布された佐藤先生の限定編曲版は(運指付き!)だけではありません!
+「弾けそうな気がしてくる」魔法付き!でした(笑) 

楽譜をどう読むか、
謎を解き隠れたものを探し見つけ出す喜び、
難しさをも楽しむ、
今まで学んだ音楽上人生上知識・経験を総動員、
シャコンヌ64変奏を人生に例えてみた先生のヒント、演奏を頼りに
楽譜を読んで考えていく。

小さな小さな第一歩ですが
バッハの最高傑作「魂」を感じるようなこの曲に
ちょっとでも近づけたような気がします。

さてこれからどうとりかかるか・・
先生の楽譜で数小節、そして怒涛のスケール・セクションを弾いてみました。

弾けるかも・・(^^ゞ


自分が興味をもち楽しめる部分をさらってみるのがよさそうです。
まずはとりかかる!  
「やっぱり今しかない!」 
これですね。

今年度の合言葉は「耳をすましてよく聴こう!」  
楽譜から聴こえる音、自分が奏でる音を聴く・・・     

聴く耳が育ったような気がします。  

アナリーゼをすることで理解が深まったことは確か・・     
この2年の間に自分の演奏がずいぶん変わった気がします。


Bach, Busoni - Chaconne in D minor BWV 1004 -
Helene Grimaud (piano)

2016年3月 1日 (火)

お雛様と和菓子と日本の季節・・

Img_4676_2

小石川にある和菓子の老舗 一幸庵

そのお菓子がいただける「カフェ竹早72」

住宅街の一角にある和のカフェで癒しタイム~

Img_4390

いただいたのは
お抹茶とわらび餅

職人さんが一心不乱に練って練って練って造るこだわりのわらび餅

ほんのりとした甘さときなこの風味とこしあん
弾力がありながらも繊細で優しい食感
口に入れたらその瞬間にとろけてしまいます。


Kimg0862

51l9igtswul_sx350_bo1204203200__3
お店においてあった本

和菓子には季節感がありますね。

美味しい和菓子から 季節 歴史 行事へ興味がわきます~~
(というより・・・知らなすぎです・・・)

3月5日~~啓蟄

啓 は 「開く」

蟄 は 「虫などが土の中で冬ごもりする」


冬ごもりしていた虫が這い出る

春ですよ~~あったかくなってきましたね~という意味



私も冬ごもり気分から抜け出さなくては!!

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ