« やまぎし農園さんのとまと | トップページ | 深川八幡祭り 3年に一度の大祭 »

2017年7月24日 (月)

作曲家の生涯と作品演奏の会:ギター文化館

B781a72234e3b2ad241e9b9eb0ef8a2f

ギター文化館HP 
http://guitarbunkakanblog.blog81.fc2.com/blog-entry-3950.html

勉強会に参加させていただきました。

Img_8596

ギター文化館がいつもと違った雰囲気です。

山本英雄さんの入念な準備がうかがえます。

配布された資料は山本さん作成
(Brian JefferyFernando Sor, Composer and Guitarist を読み参照されたとのこと)

ソルの生涯
  モンセラートでの音楽教育

パリ ロンドン ロシア時代 生涯の足跡を追い

各時代の音楽活動 作品についてみてみる

また
同時代の音楽家 作曲家
 19世紀当時のギター についても参考資料が添付され

パワーポイントをつかって解説


話す内容と資料の内容、スライドに表示させた内容

程よい量とポインが聞き手の興味をそそります~

プレゼンンテーションに長けていらっしゃる山本さん
さすがです

その後
愛好家6名によるソル作品
練習曲、ソナタ、変奏曲 が演奏されました。 

Kimg2107

演奏のあとは北口先生の解説がはいります。

Img_8612

私は 小川の岸辺による幻想曲Op.40 を19世紀ギターで演奏

Img_8598_2

午後は北口 功先生のレクチャーコンサート

ソルへの愛情 造詣の深さが感じられる演奏に聴きいりました。
Photo_3

 

Img_8614
コンサート終了後は
喫茶くるみにてレクチャーの感想 補足 裏話~など和やかに歓談

私にとって苦手感 敷居の高かったSorが
ちょっと身近に感じられ
愛情をもって演奏してみたいと思えました。

それだけでもこの企画に参加した意味 価値があったということですね!


~~~~~~~~~~~~~~~

さて私にとってSor ソルとは・・・どういう存在でしょう??

苦手・・・

もちろんエチュード メヌエット アンダンテラルゴ 二重奏などを
練習 演奏したことはあります。

しかし
どれだけまじめに向かい合ったか・・・と言われると

どうでしょう・・・
通りすがった程度で終わっているのが実情かな。

あえて避けてきたと言っても過言ではありません。

パストラルコンサート 豊洲アマチュアデーと
ビッグイベントがおわった今

基礎を見直しながら
ソルの小品を音楽的にきちんと演奏することを目標にしたいと思い
レッスンを始めたところです。

そんな私にとって
とてもタイミングのよい企画でした


ありがとうございました!

 

« やまぎし農園さんのとまと | トップページ | 深川八幡祭り 3年に一度の大祭 »

ギター」カテゴリの記事

コメント

Lamyさんの「小川の岸辺…」聴きたいです!
ソルの勉強会、しかもYさん主宰、弾き手の方々もすばらしくて、ぜいたく!!と思ってしまいました。
行きたかったです。残念。
私にとってソルは、和声や技法含め1曲1曲丁寧に勉強する時期と、曲としてどう弾くのかを考える時期があったように思います。
ソルは私自身のキャラクターに合っていないので弾き続けるのが難しいです。ついハンサムな曲を弾きたくなってしまいます。ソルは地味なイメージなんですよね。
でも、また練習曲から復習しようかなと思いましたnotes

yayoyayoさん
ギター文化館でこういう講座はあったかしら?? 文化館の<文化>の部分を感じられた企画でした!
お互い弾き聴きあう会は多くありますがこのような内容のものを絡めていくのは準備が大変ですね。なにより確固たるビジョンがないとできないことですもの。それに演奏の場 ホールが特別です~~
Yさんだからこそ、そしてギター文化館があるからこそできることなのかもしれません。

ソル タレガ・・・ 
>ついハンサムな曲を弾きたくなってしまいます。ソルは地味なイメージなんですよね。

ぷふっ~~~笑っちゃいました!!!そうなんですよね。よ~~くわかります。
やるべきものとわかっているのですが・・・そこなんですよね!どうしても踏み込めない壁はそこにあり!
「愛」をもって弾いてみてください~~~愛が芽生えなかったこの心が変わるかしら??
見つめなおしてみます~~heart04

小川は・・・暴れ川になり悲しい結果に・・・・
難しいです( ;∀;) もう弾かない!!!きっぱり

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562582/65574652

この記事へのトラックバック一覧です: 作曲家の生涯と作品演奏の会:ギター文化館:

« やまぎし農園さんのとまと | トップページ | 深川八幡祭り 3年に一度の大祭 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ