BWV998

2013年1月28日 (月)

BWV998 リュート・フォルテの演奏

 BWV998 プレリュード 

静かで語りかけるような演奏・・・言葉を感じます。
 そして音楽的・・・ 美しい・・・・
楽器はリュートフォルテ

2013年1月13日 (日)

ジュディカエル・ペロワのBWV998

 BWV998のプレリュードの練習をはじめました。
10年ほど前に弾いていたのですが、それ以後ぷっつりと弾くことをやめていた曲です。
あらためて楽譜を読むといったい何を弾いていたのだろう・・
と恥ずかしくなってしまいます。
何も考えず、ただただ音符を追っていただけの演奏でした。

この曲中で最も美しい箇所のアナリーゼ楽譜がネットに落ちていました。
Bwv988pfaexerpt_3

 

二声と思っていたのが三声に…
見える風景が違ってきます。
こういうことがようやくおもしろいと思えるようになってきました。
 
そして、ジュディカエル・ペロワの演奏

プレリュードの響きの美しさ・・・このような演奏を目指したいです。

2012年3月12日 (月)

リュート組曲4番 BWV1006a・・・その5 BWV998

    昨年の12月15日の記事にも書いたのですが・・・・
     
     スペインのギタリスト、リカルド・ガジェンのBWV1006aと998のプレリュード のレコーディング風景です。
     
                 ファブリカトーレ・モデルの19世紀ギターを使用していますが、
                 リュートっぽい響きでバロック音楽に合っていると思いました。
             演奏はアーティキュレーションの見事さと響きの残し方にとてもセンスを感じます。
            

                           the Bach recordings (2011)

                

the Bach recordings (2011) from Wandering Eye on Vimeo.

                   Norbert Kraftが音楽プロデュースをやっていますね。
                   
               Naxosのギター部門はすべて Norbert Kraftがプロデュースしているとのことです。

 

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ