音楽

2013年6月 2日 (日)

バロックチェロの演奏

パストラルコンサートが終わり 事務的な残務整理も終了
足を運んでくれた方々に
お礼のメール はがきを書いたり ランチをしたりetc
楽しい余韻を楽しんでいる間にあらあら・・
6月になってしまいました・・・・(^_^;)


ギター行はちょっと休憩 過去の曲を弾き散らし中です。
まずは
スカルラッティの大好きなソナタ(K、208/L、238)
ダウランドのファンタジーを弾いていますが・・・

まあ・・見事に忘れ果てていること!!
人前で暗譜で弾いた曲も初めて見る楽譜のようで情けなくなります。

覚えは遅いが忘れるのははやい・・・


オフェリー・ガヤールのバロックチェロの演奏です。

バッハの無伴奏全曲を手に入れましたが

素晴らしい演奏 !!

一押しです。

2013年5月16日 (木)

Military March ホロヴィッツの演奏

午前中の練習を終え
プログラムの印刷 
当日の持ち物チェック
衣装のチェック
あれこれやりながら
ピアノ曲を聴き流し~

Cover

Horowitz - The Studio Recordings New York 1985



パストラルコンサートで演奏する<マーチメドレー>のなかの1曲
シューベルトの軍隊行進曲

ホロヴィッツのソロの演奏ですが・・・(原曲はピアノ連弾、編曲はダウジヒ)
いや~~この躍動感!
この演奏は82歳ころの演奏
やっぱり・・ホロヴィッツは別格です・・

2013年5月 2日 (木)

Eduardo Eguezバロックリュート

どっと疲れがでてダウン 発熱で二日間引きこもりです。
休養中は音楽を聴くに限る!!
こういう時はリュートの音が耳にやさしいです。

大好きなEduardo EguezのバロックリュートのCDです。
バッハ vol.1 vol.2  ともおすすめです~

Eduardo Eguez
“J. S. BACH ”
works for lute Vol 1.
(baroque lute)
(2000)

M053A

Luth_music_bach


“J. S. BACH”

works for lute Vol 2.
(baroque lute)
(2002)

M054A

Luth_music_bach2_6

2013年2月 4日 (月)

パブロ・マルケス ギターコンサート@ギター文化館

世界の中心に立つギタリト
パリ国際ギターコンクール他数々の国際コンクールの覇者である
アルゼンチンの天才ギタリスト
パブロ・マルケスの演奏を聴きに 八郷のギター文化館まで行ってきました。

感動のコンサートでした・・行ってよかった!聴けてよかった!幸せです!

[パブロ・マルケスは世界で最も秀逸なギタリストのひとりである。
その並はずれた実力と仕事はたの追随を不可能にしている。]
納得!

Img_0986_2

プログラム 

         無伴奏ヴァイオリン・ソナタイ短調BWV1001  バッハ
        デルフィンの6冊の譜本(1538)より      ナルバエス
           6つの歌曲                 シューベルト/メルツ編
        ソナタOp.47                     ヒナステラ


ナルバエスのビウエラ曲 地味なポリフォニーの曲を美しく歌い上げた演奏力
そして
ヒナステラのソナタの圧倒的な演奏
力感にみなぎった演奏 演奏者の呼吸をもふくめた緊張感の高まり!!
コンサート 生の演奏でしか伝わらないですね!

パブロ・マルケスの演奏は東京でも聴けます。
第3回イーストエンド国際ギターフェスティバル
 

ぜったいおすすめです。ぜひ足を運んで聴いてみてください!

Img_0989_2~コンサート終了後に~

2012年8月25日 (土)

弾いてみたい曲 ヴィヴァルディ~バッハ:協奏曲 ニ長調 BWV 972

 


弾いてみたい曲に出会うと嬉しくて楽譜やその曲のオリジナルの
演奏を探し聴いていくのも楽しみのひとつです。
いまはyoutubeなど一昔前では考えられなかった映像もみることができる。
楽譜を読み、お手本にしたい演奏を聴き、見る
便利な世の中になったものです・・・・・・

Judicael PerroyのCDを聴いてぜひ弾いてみたいと思っている曲

協奏曲 ニ長調 BWV 972 (原曲:ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 RV 230)

バッハの編曲は鍵盤楽器のためのものですが、バッハならではの非和声音の
スパイスがふりかけられています。ここでの演奏は、金管合奏ならではの華やかさと
純正律に近い響きが魅力的です。演奏しているのは、German Brass。Bach for Brass
というDVDに収められています。ライプツィッヒの聖トーマス教会にて収録。バッハが長く
音楽監督を務め、彼のお墓もある教会(第二楽章の頭で観ることができます)。

2012年2月12日 (日)

1.Schubert Impromptu Op. 90 No. 3

  
  ギターはもちろん古楽から現代にいたるまであらゆる音楽に造詣の深い友人がいます。
   
   その友人から多くのことを学ばせてもらっています。ありがたい人です。

   その人から紹介された本<西洋音楽論・・・クラッシクに狂気を聴け>のある話題から
   今ショパンやシューベルトの演奏を聴いています。
 
   
   
   Zimerman plays Schubert!
          

    Vladimir Samoilovich Horowitz 

          

       「集中力」と「緊張感」 甘く美しい旋律 なんと色彩豊かな演奏でしょう・・

2012年1月 3日 (火)

フィリップの裏芸

 なんておちゃめなフィリップ!

20120103

Philippe Jaroussky & Le concert d'Astree,Emmanuelle Haïm

 昨年12月、パリでのコンサートからヘンリー・パーセル、
ジェイムズⅡ世の誕生日のためのオード
「トランペットを吹き鳴らせ、太鼓を打て(Sound the trumpet, beat the drum)」Z.335(1687)
3分すぎくらいからヒップホップ風な即興演奏が始まりますが、フィリップがはじけてます!!
 フィリップは、ラルペジャータとのモンテヴェルディでも
プログレッシブ風の即興(5分10秒あたりから)でおちゃめさんなところを見せてくれています。

2011年12月15日 (木)

Ricardo Gallén の新録音

 以前からyoutube上の演奏を聴いて注目していたスペインのギタリスト、
リカルド・ガジェンですが Naxos に数枚の録音があるだけで残念に思っていました。
ところが先ごろバッハのリュート曲全曲を録音したそうです!!

Ricardo

WEB上にBWV1006aと998のプレリュードの録音風景がアップされていました。

the Bach recordings (2011)

ファブリカトーレ・モデルの19世紀ギターを使用していますが、
リュートっぽい響きでバロック音楽に合っていると思いました。
演奏はアーティキュレーションの見事さと響きの残し方にとてもセンスを感じます。
いまからCDリリースが楽しみです。

  BWV998 プレリュード  

2011年12月 5日 (月)

Florian LAUROUSSEのCD

 Florian  LAROUSSE

 2009年、アメリカ・ギター財団による国際コンクールの覇者、フローリアン・ラルースの受賞記念アルバムCDを聴いています。東京国際ギターコンクールで聴いた彼の演奏に魅了されました。美しい音 優れたテクニック 小さな和声のアヤや転調のニュアンスの変化 これみよがしとは違う、すべてを音楽性で納得させる演奏でした。

このCD・・・すべていいのですが・・特にダウランドのファンシーの演奏は感動、ホセのソナタも美しく激しく心を揺さぶられます。

51o6qa2m5ql_sl500_aa300_

 

1. ダウランド(1563-1626):ファンシー
2. ダウランド:涙のパヴァアーヌ
3. ダウランド:ファンタジア
4. レゴンディ(1822-1872):序奏とカプリース
5. ホセ(1902-1936):ギター・ソナタ
6. ダンジェロ(1955-):2つのリディア調の歌
7. コスト(1806-1883):ル・デパル - 劇的幻想曲 Op.31

続きを読む "Florian LAUROUSSEのCD" »

2011年10月16日 (日)

アナベルの新譜

 来ました来ました!!  待っていたCDが!!!

Anabelmontesinos_8572843_2

 

Anabel Montesinos
First Prize, 2010 Michele Pittaluga Guitar Competition

 

試聴
Amazonで購入できます


 これほどまで磨き上げられたアーティキュレーションで演奏されたギターのCDがあったでしょうか?アナベルの魅力は女性らしい優しさと気品に満ちた演奏、香り、エッセンス・・・ 女性だからこそできる演奏。憧れです~

 三曲単位でまとめられた四つの小品群にグラナドス、ファリャとソルの魔笛を配しているプログラム。昨年、セビージャギターフェスティバルにてコンサートを聴くことができましたが、音楽表現の美しさ、テクニックはもちろんですが、それより音楽が前にでてくる演奏に魅了されました。
 そして・・・・ ステージを降りたら若くて美人、かわいい・・・・・
私の中では最高の女性ギタリストです~  ぜひぜひCDを買って聴いてみてください。

収録曲
・グラナドス:詩的なワルツ集(A. モンテシノスによるギター編)
・グラナドス:昔風のスペインの歌曲集 - 第7番 ゴヤのマハ(A. モンテシノスによるギター編)
・ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」 - 第2部 代官の踊り(S. ベーレントによるギター編)
・リョベート:13のカタルーニャ民謡から三曲     
・ロドリーゴ:スペイン風の三つの小品     
・マヌエル・ロペス=キローガ:三つのコプラス(C. トレパットによるギター編)     
・ソル:モーツァルトの主題による序奏と変奏 Op. 9     
・プジョール:三つのスペインの小品

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ